小児歯科

矯正歯科専門医が診療にあたります

池上とも歯科クリニックの小児歯科は、お子様の歯に合わせた“しっかりケア”。お子様との コミュニケーションが得意な先生ですので、「歯医者さんが苦手」というお子様もご安心ください。やさしく、お子様にもお口のケアの大切さをしっかり伝えな がら、これからのお口の健康を考えた診療を行います。

乳歯の重要性~元気な子に成長するために~

「乳歯はどうせ生え替わるから、虫歯になっても大丈夫」……そんなふうに思っている親御さんも少なくありませんが、お子様の健やかな成長を願うなら、乳歯もしっかりケアしてあげなければいけません。


■ちゃんと咬むために
よく咬むことは、食べ物の栄養を効率よく吸収させるためにも、脳の発達を促すためにも、とても大切なことです。

■しっかりと発音するために 

多くの言葉を覚える乳幼児期は、正しい発音を覚える時期。健康な歯がキレイに生えそろっているのが理想的です。

きちんと永久歯が生えるように
乳歯は永久歯が正しい位置に生えてくるためのガイドの役割を果たします。虫歯などが原因で乳歯が早く抜けてしまうと、永久歯の歯並びが乱れてしまうことがあります。

池上とも歯科クリニックの小児歯科

ブラッシング指導

お子様の歯並びに合わせて、磨き残しを出さないための正しいブラッシング方法をレクチャーします。また、親御さんには仕上げ磨きのコツをお伝えします。

フッ素塗布

歯の質を強くするフッ素を歯の表面に塗布し、虫歯のリスクを減らします。

シーラント

6歳ごろに生える奥歯の永久歯「六歳臼歯」の複雑な溝に樹脂を詰め、食べかすが入り込まないようにし、磨き残しを防止することで虫歯を予防します。

PICK UP こんなクセがあったら要注意~小児矯正について~

発育状態にあるお子様は、歯やあごに力が加わることで歯並びや咬み合わせに影響が出てしまうことがあります。たとえば、以下のようなクセのある子は要注意。歯並びや咬み合わせの乱れは見た目の問題だけではなく、磨き残し(=虫歯)のリスクを高めてしまうことにもなります。

指をしゃぶるしゃぶっている指が歯や歯ぐきに当たり、歯並びが乱れる原因になります。受け口や出っ歯などの原因として多く挙げられます。
頬杖をつく手で支えている部分に頭の重さがすべてかかってしまい、特に下の歯並びに影響します。
爪を咬む爪を咬むだけでも成長期の歯や歯ぐきには負担となり、歯並びの乱れの原因になります。
唇を咬む唇を咬むときには口が不自然な動きをするため、クセになってしまうと歯並びやあごの関節に影響します。
ご飯を丸飲みする食べ物をよく咬まないと歯やあごがしっかりと成長せず、歯並びの乱れの原因になります。
口で呼吸する口呼吸は舌の位置が不適切になり、その影響で歯並びの乱れにつながります。

お子様のお口の健康を守るのは親御さんの役目。「こんなクセがある」「歯並びが気になる」という場合は、お気軽に当院へご相談ください。状態を確認したうえで、矯正治療の内容なども含めてご相談させていただきます。

求人情報

当院概要

医院名 池上とも歯科クリニック
住所 東京都大田区池上7-6-11
ル・マリ・コレクト2F
TEL 03-5748-3470
最寄駅 東急池上線 池上駅 徒歩2分
診療時間 ・月火木金
 10:00-13:30
 15:00-20:00
・土
 10:00-13:30
 14:30-18:00
休診日 水、日、祝日